グッピーと塩

よく「塩」をうまく使いこなせる人は、グッピーをうまく飼える言います。

これについては、その通りだなと思います。

何故そう言うのかというと、塩を使って治る状態で魚の調子が解ると言う事です。

これを勘違いしている人が多いです。

グッピー水槽には、塩を入れないと飼えないと思い込んでる方です。

こんな人は、グッピーが病気になった時に間違いなく殺す人ですね。

別に、塩がどんな病気にも効くとは言いませんけど

最低自分の魚の調子くらい判断つくようになって欲しいです。

調子が悪い時には、塩を適量(この辺も感覚で覚えて下さい)入れて調子を回復させてあげましょう。

「塩を入れて病気を予防しましょう。」という事を言われるのですが、

予防の前に病気なるような魚を飼う(飼い方)のやめましょうね・・・。

(こんな事書くと「どこで魚買えばいいんだよ」って言われるんですが)